Topics

トピックス
INTERVIEW

2020.09.03

「musuvime」に参画する理由は?フリーで活躍中のパートナーメンバーに聞く【2人目】デザイナー/プランナー橋本さわこさん

フリーで活躍中のmusuvimeパートナーメンバーのご紹介!
お二人目は、デザイナーでプランナーの「橋本さわこ」さん。小学生のお子さんを持つお母さんでもあります。
いつも新しいアイデアで、musuvimeを盛り上げてくれています。

デザインの仕事をするようになったきっかけやmusuvimeへの想いを語っていただきました。

 

 

好き。を仕事に

 

はじめまして。デザイナーの橋本です。

私は、今、子育て真っ只中。
日々、家事と仕事を往復しながらも、好き。を仕事にして暮らしています。

子育ても仕事も、自分のペースを保って暮らしたい。
数年前にふと、将来の自分のキャリアをイメージしたことがありました。

・自分の得意分野を仕事にしたい。

・自分に合った働き方をして、20年後はこんな自分になっていたい。

いったいどうしたら叶うんだろう…。
モヤッとした想いの中にいた私は、考えた末に「起業」を選んだのでした。

ただ、「好き。を仕事に」までの道のりは容易いものではなくて、起業当時を振り返れば一通りの苦労はあったのかなぁ、と思いますが、子育てが常に同時進行だったことで、どっちが大変だったかあまり覚えていません笑。

と、まぁそんなこんなで、私は今、自分のデザイン事務所で、デザイナーを職業にしています。

 

セレンディピティは突然に

 

そんな私が「musuvime」というユニットがあると耳にしたのは、一時期的に複数の案件を掛け持って、あっぷあっぷしていた時でした。

私のヘルプコールに答えてくれた先輩デザイナーのYさんが、
「女性のクリエイターが集まって何かはじめるみたいだけど行ってみる?」
思いついたように声をかけてくれました。

まるでカエルの合唱のように次々と繰り返す、黙々と終わらない作業を単独でするスタイル。
私はいつの間にか閉塞感を感じていた時だったと思います。
お誘いを聞いた時、ずしんと重くのっかっていた何かが、一瞬フワッと軽くなったような、そんな気になったのを覚えています。

  

musuvimeに期待すること

 

実際、メンバーとのディスカッションは面白くて、女性同士の集まりなだけに、共通の悩み、課題があったり、生活者としての視点、デザイン、クリエイティブの視点、それはそれはとても新鮮です。

私にとって、musuvimeに参加する楽しみは、デザインの面白さ、楽しさを、女性クリエーターたちと共感し合えること。
musuvimeの、「人と人との想いをむすび新しい芽を育てる」というコンセプトのもと、たくさんの結び目作りに期待しています。

  

制作依頼、お見積、パートナー志望など
お気軽にお問い合わせください。

CONTACT
浜松オフィス
TEL:053-478-3388 〒431-3122 静岡県浜松市東区有玉南町1858
東京オフィス
TEL:03-3291-2388 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-10-1 平富ビル6F